暑い・・ので何気なく倉庫を整理したら・・船底カバーが、、

ゴムボートが置いてある奥から船底カバーが出てきました。

見つけた

僕の記憶では、手漕ぎボート釣りを始めた頃、30?年以上前の船底カバーだと思います。

最初は、綿の帆布製でした。これは海水を吸って重たくなり、重たい、前に進まないで一度くらいしか使用した覚えがあります。

アキレスからPVCの船底カバーが発売されたのですが、一度も使用することなく倉庫行きになっていたと思います。

EC2船底カバー

product1125 について

古物商の資格を持ち世界中の古い2-3.5hpまでの船外機を整備・修理をしています。
カテゴリー: 手漕ぎボート パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です